BEST映画セレクション・第3グループ
無断転記は厳禁です。メールにて連絡して下さい。

σのBEST映画の第3グループをここに記します。
そもそも第3グループなんてなくてもいいけれど、どうしても放り出せなかったんです^^;
少しでも参考になり、何かのお役に立てれば光栄に思います^^

洋画部門:
●「007/ロシアより愛をこめて」:
007シリーズでも言わずと知れた傑作。
スパイ映画としての緊張感、当時としてずば抜けた演出、ロマンス。
特徴のある登場人物は目を奪います。スパイ映画の原点です。

●「情婦」:
サスペンス映画の最高峰。
ラストの2回、3回もある大どんでん返しは度肝を抜きます。
当時として画期的な展開は今も色あせません。

●「冒険者たち」:
フランス映画でも格別の作品。
青い海、青い空の美しさとBGMが織り成す演出は見逃せません。
挑戦するスピリッツ、素晴らしい友情をスリリングに描いています。

●「惑星ソラリス」:
旧ソ連SF映画。「ソラリス」としてリメイクされていますが圧倒的に元がいいです。
「2001年宇宙の旅」、「ブレードランナー」とで3大SF映画と呼ばれます。
他に類をみないアプローチは神秘的で格別です。

●「リトル・ブッダ」:
「ラストエンペラー」のベルナルド・ベルトルッチ監督が描くブッダの世界。
青と赤の色の使い方は絶妙。
高僧の生まれ変わりとされる子供の話と、ブッダの生い立ちを並行的に描きます。

●「ブラッド・ダイヤモンド」:
女性を魅了するダイヤモンドの美しさに隠された事情を見せます。
宝石の持つ美しさゆえに非常に高価な値段は人の命であることを知らされます。
外見の美しさより心の大切さを教えてくれます。

●「山の郵便配達」:
ストーリーもいいですが、素晴らしいのはゆっくり流れる時間です。
優雅で壮大な風景とともに、ゆっくりあわてないストーリー展開。
堂々と感じる映像は、まるで絵画か掛け軸を見ている様。これぞ中国映画と思えます。

後日追加作品:

●「シュリ」:
韓国のスパイアクション映画です。
緊迫した雰囲気、迫力のアクション、敵味方の禁断の愛。
スパイアクション映画として完成度が非常に高い作品です。

●「カンナさん大成功です!」(韓国版):
整形という行為の表と裏を笑いと涙で紹介します。
全編を通じた笑いと涙のギャップは作られた姿を映し変えたようです。
音楽性も非常に高いです。

●「バーレスク」:
ミュージカル映画。
ショークラブの人間模様を表から裏から見ることができます。
迫力ある歌と音楽にセクシーな踊り、華麗なショーが楽しめます。

後日追加作品その2:

邦画部門:
●「スカイハイ:劇場版」:
人の死後について天国と地獄の選択を絵にしています。
3つの選択枠があり、そこを廻る話は奇抜です。
かっこいいアクション・シーンは見逃せません。

●「GANTZ/前編・後編(PERFECT ANSWER)」:
黒い玉GANTZ。一体何なのか。
敵をやっつけるヒーローとは一体どういう存在なのか。人が戦うとは何なのか。
過去のいろいろなヒーロー作品のオマージュも加え、特殊なGANTZワールドへ引き込まれます。
そして後編ではちゃんとした答え「PERFECT ANSWER」も出します。
スピード感あふれる迫力のアクションは必見です。

後日追加作品その3:

●「終戦のエンペラー」:
終戦直後の日本の置かれた状況を、天皇陛下に対するアメリカの執った行動を中心にかなり細かく教えてくれます。
よく検討された内容で、敗戦直後の日本の姿をうまく映像化していると思います。
今の日本があるのはこの決定の元にあること、日本人の精神・気質などを改めて確認できます。

●「ドクトル・ジバゴ」:
旧ソ連のロシア革命時を映画化した作品です。
戦時中の男女の切ない感情を絶妙に見せてくれます。
また戦争下における不条理を教えてくれます。
この映画で一概に共産圏のことを評価しにくいですが、
人類が平等であることは、卓越した能力の人材も単一にしてしまう危険が知れました。

後日追加作品その4:

●「ゼロ・グラビティ」:
宇宙空間におけるパニック映画。
無重力状態を体感できるような迫力ある映像は見応えあります。ぐるぐる目が回るかもしれません。
人間が無力であること、しかし人間はあきらめないこと、生と死について映像を通じ考えさせてくれます。

後日追加作品その5:

●「るろうに剣心/京都大火編・伝説の最期編」:
人気アニメの実写化作品。もともとの原作設定がいいのでストーリーは文句なし。
複雑な幕末・明治動乱の時代設定でありながら非常に分かりやすいです。
人間の生と死。生きることを前向きに捉える姿勢は今を生きる人への勇気を与えます。
日本の武士道たるものの本質に迫り、日本人の良さを見い出せます。

音楽ライブ映像部門(特別選出)
●「乃木坂46 4th YEAR BIRTHDAY LIVE 2016.8.28-30 JINGU STADIUM」:

乃木坂46のクオリティーの高さが十分わかります。大雨の中決行した伝説のライブ映像です。
悪条件の中でのパフォーマンスと映像や音楽が状況を捉えてまとまっています。
ここまでの努力と思いが詰まっていると感じます。人が生きているという意味を体感させられます。
若いっていいですね!ナイスファイト!

追記:

ラブロマンスの最高峰「ローマの休日」は最後まで入れるか悩みました。
これはやっぱりσが選ぶべきでないと判断しました。
この映画は女性の方の永遠のロマンスであって、
男のσがどうこう言わない方がいいと思ったからです^^
この映画のように秘密が素敵ですよね♪*^^*

 

NEXT

記録TOPへ戻る

HP・TOPへ戻る

メール