BEST映画セレクション・第4グループ(佳作)
無断転記は厳禁です。メールにて連絡して下さい。

σの選んだBEST映画としてグループ1からグループ3までまとめ紹介しました^^
作品として選んでいませんが、役者さんとしてどうしても見逃せない方々を補足として紹介します^^

●山崎努:マルサの女、おくりびと
●渡辺謙:SAYURI、ラスト・サムライ、硫黄島からの手紙、大河ドラマ/独眼竜政宗
●原田芳雄:ツィゴイネルワイゼン、大河ドラマ/独眼竜政宗
●松田優作:野獣死すべし 、ブラック・レイン

また、どうしても選べなかった作品を一部紹介させてもらいます。
●「サイコ」、●「リング」はサイコ・ホラーとして傑作だと思います。
ただ、あまりにも怖いので選べませんでした^^;;;
後、以下の作品です。いいことは間違いありませんが、最終的に外させてもらいましたm(__)m

●「ローマの休日」
●「大脱走」
●「タワーリング・インフェルノ」
●「レイダース/失われたアーク」
●「ディア・ハンター」
●「プリティー・ウーマン」
●「アマデウス」
●「アポロ13」
●「黄泉がえり」
●「戦国自衛隊」
●「ルパン三世/カリオストロの城」
●「クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶ・アッパレ!戦国大合戦」

後日追加作品:

●「アイアンマン」:
最近、続編が公開されましたがやはり最初が肝心。
設定が非常におもしろくテンポよくまとまっています。
アメコミ・ヒーローとしてはかなり異色ですが痛快でブラックユーモア満載。

●「ウルヴァリン: X−MEN ZERO」:
こちらもアメコミで「X−MEN」シリーズの主人公の生い立ちを見せます。
その上スピン・オフ作品でありながら、とてもテンポのいい迫力ある作品です。
前3部作品は、この話がベースにあるという意味で価値あると思います。

●「G.I.ジョー」:
フィギュアで有名なキャラクターを見事に映画化しています。
ノンストップ・アクションで、あっという間です。
多くの最新兵器は見ものです。ナノ兵器という発想は奇抜です。

●「ウォンテッド」:
アンジェリーナ・ジョリーの作品で、最もかっこいい作品でしょうか。
アクション見所満載です。テンポも抜群です。
設定はかなり異色。そうした他に類を見ない部分に新鮮さがあるのでしょうか。
中後半にある列車でのアクションは必見です。

後日追加作品その2:

●「八日目の蝉」:
男性と女性。そして子供。複雑な人間模様を女性の立場で上手く描いています。
人生のあり方を問う問題作品。真偽を脳裏で感じさせる展開は見事。
細かく時間が交差する展開も妙味。
見た人が見たままの解釈でいい作品に仕上がっています。

●「塔の上のラプンツェル」:
ディズニー映画。絵の綺麗さ、音楽性の良さ、話の展開の無駄のなさほぼ完璧です。
毒の複雑さやラストの切れ味の良さは抜群。
本当に必要なものってなんなのか教えてくれます。

後日追加作品その3:

●「チャイナ・シンドローム」:
原子力発電所の事故をテーマにしたサスペンス映画。
あまりのリアリティーな表現に驚かされます。真実の隠蔽、偽りの虚像が描かれます。
会社組織の思惑や、国家による戦略、現場に立たされた職員の立場などとても多くを語ります。

●「フルメタル・ジャケット」:
ベトナム戦争の映画。キューブリック監督節が炸裂!
随所に見られる皮肉たっぷりな表現、台詞、BGM。国民みんなを敵にする気でしょうか。
まるで映画で社会へ戦争を仕掛けたような過激さは好みが分かれるかもしれません。

後日追加作品その4:

●「ステキな金縛り」:
ストーリーもテンポも、キャストも文句なし。
笑えて泣けて考えさせる、それでいて普通に見れるよく考えられた作品だと思います。
多くの作品のオマージュがあるのでその分楽しめます。
映画が素晴らしいエンターテイメントだと感じられます。

後日追加作品その5:

●「めまい」:
ヒッチコックの作品でもかなり異色でありながらも監督作品らしさが出ているサスペンス映画です。
妖艶な女性像、サイコティックで不思議なストーリー展開、後の多くの作品が影響を受けています。
自分がBEST映画に選んだ「氷の微笑」は登場人物や衣装、内容ともこの映画がベースにあります。

●「トラ・トラ・トラ!」:
言わずと知れた戦争映画の金字塔。
第二次世界大戦日本の戦闘をこれほどまでリアルに表現した映画はありません。
実際のゼロ戦の数10機の編隊飛行シーンは圧巻です。
厳格な日本海軍の趣も良く表現されていますし、真珠湾攻撃時の日米の経緯が分かりやすく映像化されています。

●「黒部の太陽」:
劇場公開から40年以上一般に公開されなかった秘蔵の幻の作品。
映像そのものは非常に保存状態も良く今見ても全く損傷ありません。
作品自体、完成度が非常に高く、多くのシーンが迫力満点です。
キャスティングも三船敏郎と石原裕次郎と言ったありえない豪華な組み合せ。
単なる大作というだけでなく、壮大な黒部渓谷の風情、日本人の不屈の魂、家族愛など見所満載です。

後日追加作品その6:

●「ワイルド・スピード6/ユーロ・ミッション」:
やってくれたぜ、ぶっ飛ばしカーアクション映画。アクセル全開150%!!!
この映画抜きでカーアクション映画は語れません。
一度は終わったかに思えた映画がここまで復活したのは後にも先にも例がありません。
まずは120%復活させた「ワイルド・スピード5/メガ・MAX」も是非見て下さい。

後日追加作品その7:

●「スター・トレック/イントゥ・ダークネス」:
新スター・トレックの第2弾作品。第1弾を見なくても十分楽しめます。
見事な宇宙観のある映像のSF宇宙映画を通じ、多くの愛という感情を分かりやすく映像化していると思います。
スポックは感情を出さない合理主義のバルカン人ですが、本作では大きな役割を果たします。
エンタープライズ号の乗組員や多くの登場人物にうまくスポットが当たっていると思います。

●「東京物語」:
どこにでもある家族のやり取りを通じて、普通は映画にしない裏の姿を映像化しています。
人間の持つ醜い心。本音と建前。自分たちをよく見なさいと言わんばかりの反省を促されます。
ごくごく普通の家庭のやり取りから、醜い人間の本音が読み取れます。

後日追加作品その8:

●「命ある限り」:
インド映画得意の歌ありダンスありです。純愛の恋愛映画です。
どのシーンも非常に綺麗な色で最高の状況で撮影していると思います。
愛を神と対比させるストーリー展開は多くの宗教概念が混存するインドならではと思います。

後日追加作品その9:

●「クレヨンしんちゃん/ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」:
不慮の事故で臼井先生亡き後の作品。残されたスタッフで「クレしん」ワールドを見事に復活させた作品だと思います。
もっとも最近の世相を織り込み、皮肉たっぷりにバカにした表現は笑いが止まりません。
しんちゃんを基礎にしながらも問題定義している作風は満更笑い事でもなく考えさせられる面も備えています。
故臼井先生もお喜びだと思います。

後日追加作品その10:

音楽映像部門(特別選出)
●「BLACKPINKALBUMBLACKPINK」のMUSIC VIDEO)」:
日本デビューが2017830日で度胆を抜くクオリティーの高さに驚かされます。
ボリウッド映画を彷彿させる楽曲とダンス、ヒップホップもかなり入りこれぞInternational Popsだと思えます
あまりの衝撃で音楽映像部門に特別選出させてもらいました。一見の価値あると思います。


記録TOPへ戻る

HP・TOPへ戻る

メール