BEST映画セレクション・シークレット(2)
無断転記は厳禁です。メールにて連絡して下さい。

今まで選別という高いハードルで外した作品で、
どうしても気になっていたいい作品を再度上げなおすことにしました。
以下がその作品群です。

洋画:
●ポセイドン・アドベンチャー:
パニック映画の原点的作品。
豪華客船が転覆し火災や大量の海水が流れ込むシーンなど迫力満点です。
転覆した船内は完全に上下が逆さまになっており、画期的な映像が見れます。

●永遠に美しく・・・:
女性が美を追及する意識と、ライバルへの対抗心がエスカレートしていく様が笑えます。
人体を中心にした想像もできない特撮映像は驚かされます。

●キル・ビル:
B級作品でありながら限りなくその頂点を極めた作品。
数多くの映画作品のオマージュがありとても楽しめます。
ユーモア的な残酷シーンがあるので注意して下さい。

●イングロリアス・バスターズ:
第二次世界大戦中のドイツ軍に対するゲリラ活動をユニークに描いています。
タランティーノ監督節が炸裂します。

●スラムドッグ$ミリオネア:
インドのスラム街に住む青年がミリオネアという番組を通じ、過去の回想を交え勝ち進んでいく様子を見せます。
笑いあり涙あり、恋もありでとてもスリリングに楽しめます。
インドの抱える貧困層や宗教などの問題もうまく織り込んでいます。

邦画:
●フラガール:
エネルギー需要の交代で炭鉱が閉鎖され、寂れていく街を立ち上げようと奮起します。
その中心的役割のフラガールたちの葛藤をうまく見せます。

●HANA−BI:
映画監督・北野ワールドを確立させた作品です。
芸術性が高く、シュールで淡々とした演技は独特の世界観が味わえます。

●座頭市(北野武)
北野監督節の座頭市で、独自性が高い作品です。
残酷な場面と後半のミュージカル仕立ての部分のミスマッチで、より両者が引き立つ手法などユニークです。

●笑の大学:
日本が戦時中、舞台上演は厳しい検閲があり、主人公が喜劇台本を持ち込みますがことごとく不許可にされます。
検閲官の指示に沿うようにし、台本がどんどん変わっていく様や検閲官とのやり取りが笑えます。
密室劇で登場人物が2人しかいないのに、笑いの本質から人情に至るまで見せてくれます。

●スウィングガールズ:
ジャズバンドを始めようと奮起する女の子たちの青春映画。
楽器も持っていない初心者が自分たちの力で一から始めていく姿が感動します。

●おっぱいバレー:
弱小バレー部に魅力的な女性顧問が来て、部員たちは触発されて奮起する青春映画。
ふとどきな目的でバレーに真剣に向き合う部員たちと女性顧問のやり取りが笑えます。

●舞妓Haaaan!!!
綺麗な舞妓さんとの芸者遊びを夢見た主人公が、実際に京都で舞妓さんと豪遊してハチャメチャになっていくのが笑えます。
元恋人や、ライバルなど加わって更にエスカレートしていきます。

●なくもんか:
ハムカツ屋を任された主人公が、お笑いで成功した弟と再会し、あまりの身の上の違いに邪見に扱われる様など涙あり笑いありの作品で楽しめます。

●おくりびと:
亡くなった方を綺麗にしておくる仕事について分かりやすく見せます。
葬儀の仕事を通じ、人の死について向き合う姿勢を教えてくれます。

ALWAYS/三丁目の夕日:
ALWAYS/三丁目の夕日」シリーズとして3作品あり、その最初の作品。
戦後の経済成長期の日本をリアルに再現し、人情あふれる昭和ドラマが楽しめます。

●時をかける少女(2010)
主人公がタイムトリップして過去へ戻りますが、そこで出会った男性が後に事故で死ぬ運命であることに気付きます。
時空が狂ってしまうため、そのことを伝えることができない切ないラブ・ストーリー。

●書道ガールズ!!わたしたちの甲子園:
書道で自分たちの思いを表現しようと奮闘する青春映画。
目標が持てない若者が書道を通じ、寂れた街に昔の活気を呼び起こし、目標に向かって進むことの素晴らしさを伝えます。

●へルタースケルター:
女性が美貌を武器に生きていく業界が、如何に厳しいか見せます。
美しくなるために体を改造することの危険性をかなり過激に描写します。

アニメーション:
●時をかける少女(2006)
主人公がタイムトリップして過去をいいように何度もやり直します。
しかし、タイムトリップには回数に限りがあることに気付きます。
もう残りの回数がわずかになった時、取り返しのつかないことが起きどう向き合うかドキドキさせます。

●おおかみこどもの雨と雪:
おおかみ男を愛した女性が、2人のおおかみ子供を育てていく姿を見せます。
大自然の美しさを表現しながら、人間と動物の感情の繋がりを見せます。

●ヱヴァンゲリヲン・新劇場版:破/EVANGELION:2.22 YOU CAN(NOT) ADVANCE.
「新世紀エヴァンゲリオン」を再構成し、新たに劇場版にした第2弾目の作品。
従来のエヴァのストーリーを継受しながら、新たな展開をうまく盛り込んでいます。
芸術性の高い表現が多く、ストーリーの是非に問わず引き込まれます。
今作は全4部に分かれており、3、4部が新しい話の展開になります。


記録TOPへ戻る

HP・TOPへ戻る

メール